代表メッセージ

藤井亮代表取締役社長よりみなさまへのメッセージを紹介します。(2020年1月17日)

はじめに

どうですか、ティファナって楽しそうだなぁ、働いてみようかなって思っていただけましたか?
ありがとうございます。

その前に、ひとことだけ、いいですか?本音を書きます(結果的にめちゃくちゃ長文、興味ある人だけ読んでください!)

未経験者を募集する理由 なぜ未経験者を募集するのですか?

よく聞かれます。

それは他社で経験した人よりティファナで一から喜怒哀楽を共有した仲間と仕事をするほうが楽しいし幸せを感じるからです。結果として本人も成長します。

同業種の会社では、現場経験を3年以上積んだ人を中途採用することが多いと聞きます。
顧客先からも高い対応力を求められることも多いので、なかなか未経験の新人を育てる
余裕がないようです。

しかしティファナでは、未経験者(就業未経験)を募集しています。
中途入社される人たちはすでに前職で得られた価値観があり、入社後も「前の企業ではこうだった」と当社と
比較したりすることが少なからずあります。

長期的見ると未経験者のほうがティファナには合っていると考えています。

我々にはティファナスピリットという経営理念があります (企業が大切にしている信条やありたい姿を記したもの)

  • 企業目的は「社員と顧客の幸福追求」です。

私は仕事というのは楽しくないといけないと思っています。よく「プライベートは楽しいけど仕事が苦しい。。」という人の話を聞きますが、1日の1/3ぐらい仕事をしているわけだからその仕事の時間が苦しいと大変です。

今って先が読めない世界ですよね。
昔と違って成功の方程式もないし、AIの台頭により今後数年で見ている世界がガラッと変わる可能性が高いです。

だからこそ同じ価値観やビジョンを持った仲間が集い、アドベンチャーゲームのようにワクワク、ドキドキ、ハラハラしながらいろんな体験を積んで、情報を集め、謎解きや冒険を繰り広げて幸せと感じられるエンディングに向かって進むのです。

仕事だってプライベート以上に楽しくしたいといつも思っています。おかげさまで職場には笑いが満ちています。

傷つき助け合いながらも、「幸せ」のゴールに向かってスキル経験値を上げていけば、みんなが作る製品・サービスもきっとお客様にも喜んでもらえる、幸せにできると思っています。

アドベンチャーゲームのように感情移入できる会社でありたいと思っています。
だから未経験者を求めます。

ティファナスピリット

  • 企業目的は「社員と顧客の幸福追求」

共有したい価値観:

 1.逃げずに戦う「個」の集団

 2.「クイックアンサー」「クイックレスポンス」

 3.笑顔と元気

 4.礼儀と挨拶

 5.社員を家族と考える

 6.コミュニケーションでギクシャクすることを恐れない

 7.教育と報告

 8.失敗を今後どう生かせるかを考える

 9.自信と危機感を持つ

 10.クオリティを断固妥協しない・受身にならない

ティファナはWebやAIの技術を通して世の中に貢献し、社会から必要とされる、「ありがとう!」と言われる会社になりたいと思っています。

我々の製品やサービスが人の役に立ち、感謝の言葉をいただけるように仲間と共に頑張り、喜びあったり失敗を悔しがったりしたい、結果として家族や友達や子供たちに胸を張って誇れる会社でありたいと思います。

会社の安定性について

創業してから20数年無借金経営を続けています。
そう言う意味では安定しているのかもしれませんが、制作会社ゆえの問題はいくつかあります。

その一つに残業についての問題がありました。

働き方改革の中、どうやってクライアントの納期を死守しながら、経営を安定させ、残業を無くしていくのかが頭の痛い経営課題でした。

一般的に制作会社は「クライアントの意向が最後まで大きく反映される」といった性格上、残業を無くすことは難しいと思っていました。

しかし、Web制作と平行して開発販売を行ってきた「AIさくらさん」が軌道に乗ったことで、毎月使用料を頂けるビジネスモデルが確立され、残業問題はここ数年でかなり改善されました。

もちろん、まだ遅い日もあります。
まして今年はオリンピックがある関係で忙しくなると思います。。なればいいな。
売れろ!さくらさん、そうすればもっと安定する(笑)

当社の問題点

さて、そんな中、やはり苦しくて退職していく人がいます。
理由はいろいろですが正直に書いてみます。
ティファナのここが嫌!というところです。

  • 自分が想像していたよりも、仕事が大変。覚えることがいっぱいある
  • 第一、第三土曜日の出社が嫌・上司に報告や相談しにくい
  • 営業っぽいことをするのは嫌、制作だけやっていたい
  • プライベートを優先したい、社員との飲み会とか出たくない
  • 元々社風が合わない

ううっ、さすがに書いていて胸が苦しくなりました。
気を取り直して私の考えを書いていきますね。

自分が想像していたよりも、仕事が大変。覚えることがいっぱいある。

大変ですよね、未経験で0からWebやAIを学ぶとなると覚えることがいっぱいあるんです。

特にAI関係などは最近急速に認知されてきた技術ですし、Web制作は10社を相手にすれば10通りのWebの「あるべき姿」があるので勉強は欠かせません。

でも今、他に熱狂的になれるものが見つかっていなくて、この業界に少し興味があるのだとしたらまずは目の前の仕事に一生懸命取り組むと良いと思います。逃げずに戦う個になって欲しいと思います。

全力で取り組んでいればやがて実力が付いてきます。ものの考え方も変わってきます。

ここ数年で世の中は劇的に変わると思います。
仕事においてはAIやロボットがやることと人間がやることがはっきり分かれます。

大半の仕事はAIやRPAが人間に取って代わります。
実は少々ややこしい仕事やクリエイティブな仕事でもAI+RPAは活躍し始めています。

AIにやらせるより「人」がやったほうがコスト的に安ければ、そのような単価の安い仕事は人にやらせておけという時代になります。
これは実感しています。事実我々が多くの顧客のリクエストのもとにAI商品を納品していますので。

ですからあなたは数年のうちに、AIを使いこなす側の人材にならないといけません。

Web制作にも当然AIの知識が不可欠になります。まだAIに強いWeb制作会社は少ないと思います。

時代が大きく変わる転換期ですので、もしこの業界に興味があるのならば当社なら面白い体験ができると思います。

関心はないけど生活の糧を得るために仕事をしないといけない、という考えの人ははっきり言ってティファナには向きません。

決して無理をせず他の、自分の価値観にあった会社を見つけてくださいね。
価値観の合わない会社にいても苦しくなるだけです。

第一、第三土曜日の出社が嫌

おー、そうなんです、これネックですよね、なにしろ時代に逆行しています。
なんだかブラックな感じもしてきます(笑)

しかし目まぐるしいスピードで進むこの業界では日々一生懸命勉強しないと顧客に付加価値の高いサービスや商品は提供できません。

昔は夜遅いことが当たり前だったティファナも、働き方改革で就業時間の時短が進み勉強の時間もなかなか取れません。

そこで我々は、賛否があるのは承知ですが第一第三土曜日を出社としてみんなが勉強に専念できる環境を作ってきました。

以前は第一、第三土曜日は勉強もせず、納品が遅れている案件をみんなで協力して巻き取る実務時間に充てたりもしていましたが、
最近は完璧に勉強、スキルアップの時間になっています。

また、今年からモバイルeラーニングを無料で受けられるようにしました。
いつでもどこでもスマホで、基本的なビジネスマナーからマネジメントまで幅広い分野を学べます。

「ただ話を聴く・読む」だけのeラーニングだけではなく400にも及ぶ外部セミナーも無料で受けられます。

新たな学び、気づきのきっかけになることは間違いありません。自分に足りない部分を補うために受講するのもよし、更にステップアップするために受講するのもよし、復習を兼ねて受講するのもよし、何を受講するのかは自分で考えて決めることができます。

このように、社内外での学ぶ場を提供することで、技術と人間力の2つのスキルアップができるようになればいいなと考えています。

しかし我々は学校ではありませんから、勉強のきっかけチャンスは作りますが、その環境に甘えるのではなく
自ら学び、アウトプットを会社にもたらして欲しいと思います。

受け身ではなく自分から進んで仕事や勉強に取り組むことでやりがいが生まれると思います。

第一、第三土曜日の出社がちょっとなぁ。。と思ったあなた。
入社しても絶対後悔すると思うのでティファナはお勧めしません。ごめんなさい。

上司に報告や相談しにくい

これはいけません、私の責任です。
時短になってからはお客様第一主義になりがちで幹部も部下の報告、連絡、相談にきちんと対応出来ていない状況がありました。

今年からは幹部に交じって私も全社員との一対一の面談を始めます。実はチャットでの全社員面談をやっていたのですが、それぞれが返信してくれて、それに返信していると大変な量になってしまいギブアップしてしまいました(笑)

今後は上司も1on1のミーティングに力を入れていきます。恥ずかしがり屋さんも個室で気兼ねなく報告、連絡、相談が出来る場づくりをしていきます。

営業っぽいことをするのは嫌、制作だけやっていたい

んー分かります、分かりますが、しかし表立ってセールスしている全社員中社員は3名ほどで、残りの社員は自社のお客様に対して打ち合わせの時に自社製品のチラシだけでも渡してきてね。

ということが日常なので営業と呼んでいいのか。ここはぜひ勇気を持ってやってもらいたいところです。

最近感じるのは社員がだんだんと電話からメール、チャットへと「人」とのコミュニケーションを避ける傾向にあるような気がします。

交渉力、コミュニケーション力はあなたにとっても大切なスキルになりますよ。

また、今後はAIなどが普及していく中で存在感を発揮するためには「制作だけやっていたい」という人は生き残っていけるでしょうか。
よっぽど飛びぬけたスキルがないと難しいかもしれません。

お客様の利便性を考えてみてもWeb・AI・デザイン・プログラム・マーケティングなど多くのスキルを一人で持っているティファナの社員がいたらやはりその人に相談したいと思うでしょう。

レアなスキルを持っている人か、複数のスキルを併せ持っている人がAIを使いこなす世の中になると思います。

プライベートを優先したい、社員との飲み会とか出たくない

ネットを見てみると、会社の飲み会って、説教される、聞きたくない話をされる、お酒を飲まされる、
というイメージが強いらしく、「社員が会社の飲み会に行きたくなくなるのも当然です、そんなことをやっている会社はブラック企業です!」とネットに書いてありました。

ショック!!

ティファナの社員はたまに仕事終わりに何人かでご飯を食べに行ったりしています。

でも自由参加ですし飲めない人にお酒を勧めることはありません。
まして上司が説教したりなんかしません。先輩は昔話をしがちですが。

でも、たまの食事会、仲間と一緒に楽しい時間を過ごし語らうのも悪くないと思いますよ。
コミュニケーションの場の一つとしてはあってもいいと思います。

女子社員達はよく「ケーキ行くぞ!♪」とか「今日は肉行くぞ!おー!」とか言ってはしゃいでいますし(笑)


他部署や他のチームの同僚と話せる良い機会だとも思います。

たまにカラオケや脱出ゲーム?ボードゲーム?など社員が誘い合って行っているみたいですし、ごく普通の風景です。

カラオケは私も参加したりして楽しんでいます。

歌う曲は米津やDECO*27、髭男、まふまふ、Eveとか。あっ、誰も聞いてないね^^;

ティファナは「仕事だけの付き合いがよいので、仕事以外の付き合いがあったら、仕事は頑張れない」
という人には残念ながらまったく向かない会社だと思います。

本当にまったく向かない会社ですので、間違って応募しないようにしてくださいね。

元々社風が合わない

私は前職で上場を経験し、IPOの功罪をいろいろ経験してきました。
どちらかというと株主を第一に考えるより、企業規模は小さくとも、一緒に働いてくれる志を同じくする仲間と喜怒哀楽を共有し家族のように付き合える経営がいいなと思っています。

ネットでは「家族のような経営」を語っている会社はブラック企業の典型例だから気をつけろ!
的なこと言っているのはよく知っています。

うーむ、確かに昔は無茶な働かせ方もしたし制作業界自体が「納期」という危うさを抱えている以上残業が多くなりがちでした。

でも職場って、いろんな考えがあるのは承知していますが、単なるお金を稼ぐ場、当人のキャリアアップのための一時的に集まる場所というだけでは私にはつまらなく思えます。

最近「未経験ですが何を教えてくれますか?」と言われることが多いですが学校ではありません。教わったことで企業貢献しないといけません。

ティファナは、我々は仲間でありチームであり家族だと思っています。泣いたり笑ったり、全力でイベントしたり、誰かの小さな成功に拍手したりという社風が大好きな人が集まっています。

そういうのはウェットで合わないなぁと感じる人は入社しても確実に違和感を覚えると思います。

最初は良くても些細な違和感がだんだん大きくなりやがて退職という道を選ぶことになると思います。
それではお互いに不幸になってしまいます。

生まれて初めて入る企業です、じっくり考えて自分に合う企業を探しましょう。
自分の好きなものや大切にしている価値観をよく考えて、ティファナの社風が自分に合うかどうかよく考えてください。

あっ、「職場の食事会にも参加したい派」の人を特に歓迎します!(笑)

最後に

今は人手不足で仕事も選びやすくなりました。確かに残業が一切ない企業や超安定している企業は魅力的です。
私も入りたいです(笑)

でも、一度しかない人生、そのために「興味のあまりない仕事」や「自分に向いてない仕事」なんてやりたくないじゃないですか。

大事なことは、

「社風が自分に合っているか?」
「どんな人たちと仕事をするのか、働き甲斐があるか?」
「スキルアップはできるか、伸びている産業か?」

だと思います。

WebやAIに少し興味はあるけど未経験だしな。と迷っているなら一度説明会に参加してみませんか。
ティファナは、社会人経験がない人やWeb・AI未経験のメンバーがほとんどの会社です。


だからこそ、良いところと、大変なところのどちらもが、ほかの会社に比べて少し多いのだと思います。

未経験なので失敗も多く、落ち込むことだってありますが、やれることが少しずつ出てくるとモノを作る喜びが人一倍感じられますし、なにより仲間が喜んでくれる、
助けてくれる環境があります。

自分の居場所が会社に出来てそれがだんだん心地よいものになっていくのは素敵だと思います。

AIやRPAビジネスも立ち上がってきていて勢いがあります。

人手不足を解消するために作った「AIさくらさん」ですが注文を多くいただきまして、我々が少し忙しくなりました。

人手不足ですかね?(笑)

順調に時短が進んでいましたが、今年はオリンピックの関係で忙しくなる日も増えそうです。

AIさくらさんは多くの企業で使われていて昨年は東京駅・品川駅に合計10台設置されました、ご覧になったかたもいるかもしれません。

東京駅では政府高官の方も噂を聞きつけて見にいらっしゃいました。

嬉しい事に、今春開業する高輪ゲートウェイ駅にもAIさくらさんの試験導入が決まっています。

今年は設置される駅の数も増えます。横浜や関西や中部にもどんどん設置が予定されています。
自動販売機にもさくらさんが搭載することが決まりました。

これらの導入では入社1年目~3年目までの若手社員が大活躍してくれています。さくらさんのデザインはもちろん、「どうやったらお客さんの問題を解決して喜んでもらえるか」を日々考え、奮闘中です。

新聞やテレビに取り上げられたり、海外ニュースやラジオに生出演したりと楽しい話題が多く職場では笑顔が絶えません。

たとえ新人であってもスポットが当たって主役になれる環境があると、こんなに生き生きと楽しんでくれるものなんだなと私も驚いています。

Web制作を黎明期から一生懸命やり続けてきたからこそ得た知識を時代に適応するためAIにも応用しています。

仲間が一丸となって、仕事で苦しみ、涙を流し、達成感を味わい、たまにオフには皆で海外行って遊んだり、
歌やダンスや演奏などのイベントで遊んだり、なんかアニメのようですが、そんな経験がしてみたい、
そういう社風が好き!という人を待っています。

ティファナをみんなにとって「心地よい居場所」にするために、私はこれからも志を高くもって、メンバー全員と会社経営をしていきます。

代表 藤井亮の履歴書

新入社員、既存社員を含めた全てのティファナ社員へ向けて
Web制作会社ティファナ・ドットコムの代表 藤井亮 の紹介サイト」が
制作されました。

ティファナの代表の全てが詰まった
Web制作会社ティファナ・ドットコムの代表 藤井亮 の紹介サイト」を
是非ご覧ください。